イスカンダル

Author;アナライザー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すっげ~

今日の日記は汚いです。

あらかじめご了承ください。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/26(火) 19:06:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

青春の跡4

ふと中学時代を振り返ってみるともう何年も経ったんだなと思う。

楽しかった思い出も悲しかった思いでもいっぱいあったはずなのに記憶はどんどん薄れていくばかり。

だけど一つだけはっきりとよみがえってくる記憶がある。

そう、当時ぼくはをしていたんだ。

続きを読む

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/11(月) 17:07:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

閑話休題

最近めっきりと寒くなってきた。

夜になれば吐く息も白く、本格的な冬の到来を感じられるようになった。

寒がりなぼくは冬は苦手なため、11月から冬を先取りした格好をしているのだけれど、12月に入ってからの更なる冷え込みのために内側に着るものを増やし、しかもニット耳まで隠れるニット帽子に手袋をしていたため、なんとも雪だるまのようにもこもことした格好になってしまっていた。

ところで、うちのマンションの駐車場にはどこからやってきたのか野良猫(ぼくはみぃと呼んでいる)が住み着いている。

どうやらマンションの住人たちがえさをそれぞれ与えているらしく、野良猫のわりには丸々と太っていて毛色もいい。

例にもれず、ぼくもその猫とはずいぶん長い付き合いをしていてちょくちょくえさをやっているのだけれど、朝からとても冷え込んだその日もせっせとにぼしをやりに駐車場まで行ったのんだった。

「みぃ出ておいで。」

と呼ぶとどこからともなくにゃ~んと言ってみぃはやってきた。

が、その日のみぃはどこか様子が違った。

出てくるなりまるで獲物を狙うかのように姿勢を低くとり、そしてう~とうなり始めたのだ。

ぼくはなぜみぃがぼくにう~と言ってるのかわからず、いつものようにみぃに近づいていきえさをやろうとすると、突然みぃの前足がぼくの右手を切り裂いた。

あたたたたたたたーーーーー ほわたーーーーー

ブルースリーともケンシロウともつかぬ叫び声が駐車場にこだましたのは言うまでもない。

ぼくはあまりの痛さのためにかぶっていたニット帽子を上島竜平並に駐車場にたたきつけた。

するとどうだろう。

にゃ~ん

突然みぃが甘えた声を出し、ぼくの足元に擦り寄ってきた。

猫の現金さとニット帽子をかぶったときの自身の不審な容姿に涙を流したのは言うまでもない。

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/06(水) 14:18:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青春の跡3

ふと中学時代を振り返ってみるともう何年も経ったんだなと思う。

楽しかった思い出も悲しかった思いでもいっぱいあったはずなのに記憶はどんどん薄れていくばかり。

だけど一つだけはっきりとよみがえってくる記憶がある。

そう、当時ぼくはをしていたんだ。

続きを読む

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/12/05(火) 21:45:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青春の跡2

ふと中学時代を振り返ってみるともう何年も経ったんだなと思う。

楽しかった思い出も悲しかった思いでもいっぱいあったはずなのに記憶はどんどん薄れていくばかり。

だけど一つだけはっきりとよみがえってくる記憶がある。

そう、当時ぼくはをしていたんだ。

続きを読む

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

  1. 2006/11/30(木) 17:55:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。